>

歯の磨き過ぎも良くない?適正な歯磨きの回数とは?

我が子の歯を守る正しい歯磨き方法をレクチャーするサイト

お子様の大切な歯を守るためにぜひ知って頂きたいこと

乳歯と永久歯の違い

子供の歯は、生後6か月から9か月頃に最初の乳歯が生え始め、3歳後半頃には20本生え揃います。
その後は6歳頃から徐々に永久歯へと生え変わり、14歳頃完了します。
まずは乳歯と永久歯の特徴を押さえましょう。

乳歯は永久歯に比べて小さくやわらかい歯なので、とても虫歯になりやすい歯です。
また急速に虫歯が進行してしまうので、気付いた時には虫歯が神経にまで達していることも。
いずれ永久歯に生え変わるので、乳歯の間は虫歯になってもそこまで心配しなくてもいいのでは、と思われがちですが、それは間違い。
乳歯が虫歯になっていると、その後生えてくる永久歯の質が悪くなったり、歯並びに悪影響を及ぼします。

永久歯は生涯使う歯なので、その分丈夫にできていますが、生えてからおよそ2年間はまだまだ弱く虫歯になりやすいので要注意。
特に生えたての歯の表面はざらざらして汚れがつきやすいので十分なケアが必要です。

生え変わり期に気を付けたいこと

乳歯から永久歯への生え変わり時期は特に虫歯になりやすいと言われています。
その原因と対処方法をご説明します。

虫歯になりやすい原因としては、この時期特有の歯の磨きにくさにあります。
大きさの異なる乳歯と永久歯が混在していたり、歯が抜けている箇所があることで、一時的に歯並びが悪くなります。
そのため歯並びが整っている時期に比べて、歯ブラシを的確に歯の1本1本に当てて磨くことが難しくなり、磨き残しが多くなりがちです。

この磨き残しを防ぐために大切なのが、仕上げ磨きです。
乳幼児期だけではなく、最低でも小学校低学年までは仕上げ磨きをしましょう。
やり方は歯ブラシを縦やななめにしながら、歯ブラシの毛先を歯にきちんとあてて小刻みに動かします。
仕上げ磨き用の歯ブラシは、いろいろな角度に歯ブラシを動かせるように鉛筆持ちしやすいもので、お子様のお口のサイズに合わせてヘッドが小ぶりのものを使用してください。


このコラムをシェアする